愛知県蒲郡市の旅(形原町・春日浦海岸)2022-09-24

 

◆旅日記

今回は、蒲郡市の西側エリアにある形原町(かたはらちょう)に初上陸してきました。

 

形原町(かたはらちょう)

かつて愛知県宝飯郡に存在した町で、現在は、蒲郡市西部に位置する。

南は三河湾に面し、形原漁港があり、漁業が盛んだったそうです。

温泉街の形原温泉も有名とのこと。

 

今回の旅は、形原町にある形原駅を出発し、春日浦公園→春日浦海岸→ブルーブリッジ→形原城 と右回りに散策することにしました。

 

【東海地区限定】寶クラフトチューハイ 愛知県蒲郡みかん330ML瓶12本入1ケース

新品価格
¥3,036から
(2022/10/16 19:36時点)

形原駅

愛知県蒲郡市形原町にある名鉄蒲郡線の駅の一つ。

Wikipediaによると、1日の平均乗降人員は、1992年に1281人でしたが、2020年にはほぼ半分である686人まで減少。

厳しい状況ですね・・・。

 

町内には「形原温泉 あじさいの里」という有名な観光スポットがあるのですが、蒲郡駅から臨時直通バスが運行されているため、わざわざ形原駅を利用しないようですね。

 

春日浦海岸や形原漁港、ブルーブリッジなど素敵な場所はあるものの、蒲郡市がまったく力を入れようとしていないのが残念なものです。

 

 

形原駅から北東へ徒歩10分ほどの距離にある春日浦公園に行くことにしました。

 

春日浦公園

春日浦海岸の防波堤に沿うようにつくられた公園。

公園北側に大きな芝生広場がありますが、遊具は控えめ。

防波堤沿いで塩害の影響を考慮しているのかな。

その分、見晴らしは最高です。

それでは公園から春日浦海岸に向かいます。

 

春日浦海岸

春には潮干狩りで賑わう海岸だそうです。

公園から見下ろす海岸・海・三河大島、渥美半島・・・景色が素晴らしい。

すっかり夏気分で浮かれモードで海岸沿いを散策しちゃいました。

9月末ということもあり、海岸沿いには、たくさんのトンボたちが飛び回っておりましたよ。

 

 

なんか、三河大島(みかわおおしま)までジャンプでいけそう(笑)

三河大島は無人島ですが、夏場のみ海水浴場がオープンし、定期便の船も往来するそうです。

来年はぜひ行ってみたいと思います。

 

ちなみに、三河大島とその横(上記写真右端)にみえる小島は、実際は離れた島同士ですが、つながっているように見え、お釈迦様が寝そべっているように見えることから「寝釈迦」と呼ばれるそうです。

朝日が昇る時間帯に撮影に来るカメラ愛好家も多いそうですよ。(参考サイト

 

この後は、春日浦海岸の南にあるブルーブリッジを渡りますが、それについては別記事にて。

しばしお待ちを。

 

◆YouTube・スライドショー

後日UP

 

◆地図・アクセス

名鉄 形原駅から徒歩11分

 

Follow me!